右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判所について > トピックス > 最高裁判所長官謹話(令和元年5月1日)


最高裁判所長官謹話

令和元年5月1日

謹   話

最高裁判所長官    大谷直人

  天皇陛下におかれましては,今日の佳き日に皇位を御継承になられました。謹んでお慶び申し上げます。
  陛下は,平成の時代から,皇太子殿下として,様々な御公務に取り組んでこられました。本日からは,日本国及び日本国民統合の象徴として,より一層の重責を担われることになられますが,ますますの御健勝を心から願っております。
  私どもといたしましては,新たな令和の時代におきましても,法の支配が揺るぎないものとなるよう,一層努めてまいる所存です。
  ここに,改めて,衷心より御即位をお祝い申し上げますとともに,皇室の御繁栄をお祈り申し上げます。