上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 青森地方裁判所・青森家庭裁判所 > 青森地方・家庭裁判所について > 青森地方・家庭裁判所長


青森地方・家庭裁判所長

青森地方・家庭裁判所長
古久保 正人(ふるくぼ まさと)
(生年月日 昭和33年2月12日生)

略歴

昭和56年 4月 司法修習生
昭和58年 4月 東京地裁判事補
昭和61年 4月 長崎家地裁判事補
昭和63年 4月 長崎地家裁判事補
平成 元年 4月 静岡地家裁沼津支部判事補
平成 4年 4月 大阪地裁判事補
平成 5年 4月 大阪地裁判事
平成 7年 4月 札幌地家裁判事
平成11年 4月 大阪地裁判事,大阪高裁判事職務代行
平成13年 4月 大阪高裁判事
平成14年 4月 大津地家裁彦根支部長
平成17年 4月 東京高裁判事
平成20年 4月 札幌地裁部総括判事
平成23年 4月 東京高裁判事
平成23年 8月 東京地裁部総括判事
平成27年 1月 仙台高裁部総括判事
平成29年10月4日 青森地方・家庭裁判所長

ごあいさつ

 平成29年10月4日付けで青森地方・家庭裁判所長として着任しました。直前は、仙台高裁民事部の裁判長として、青森地家裁管内の事件も含め、東北各地の民事・家事の控訴・抗告事件を2年9か月間担当しました。事件を担当して、東北地方の皆様方と接するとともに、担当する以上、各地の情景を思い浮かべられることも大事であると思い、仙台高裁赴任後、東北各地、とりわけ青森県内は数回訪れました。青森県は、青森、弘前、八戸とそれぞれ特色のある街がある一方、海あり山あり自然の豊かな魅力ある土地と感じ、この地で仕事ができることを喜んでおります。
 現在、我が国では、高度情報化、少子高齢化の急激な進展による社会構造の変化、それに伴う人々の意識の変化が生じており、裁判所に提起される事件も多様性があり、解決困難なものも少なくありません。裁判所もこれに対応して、適切で質の高い司法サービスを提供すべき責務があります。裁判所長として、そのための環境整備、組織の円滑な運営に努めたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。