右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成14(あ)1658
事件名
 出入国管理及び難民認定法違反被告事件
裁判年月日
 平成15年12月3日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 決定
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第57巻11号1075頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 平成12(う)2704
原審裁判年月日
 平成14年7月15日
判示事項
 不法残留を理由に退去強制令書の発付を受けた者が自費出国の許可を得た後同許可の際指定された出国予定時までの間身柄を仮放免されて本邦に滞在していた行為と不法残留罪の成否
裁判要旨
 不法残留を理由に退去強制令書の発付を受けた者が,自費出国の許可を得た後同許可の際指定された出国予定時までの間,身柄を仮放免されて本邦に滞在していた行為についても,不法残留罪が成立する。
参照法条
 出入国管理及び難民認定法52条4項,出入国管理及び難民認定法54条,出入国管理及び難民認定法70条1項5号
全文
全文