右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和55(あ)1803
事件名
 宅地建物取引業法違反
裁判年月日
 昭和57年9月9日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 刑集 第36巻8号731頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和55年9月24日
判示事項
 宅地建物取引業法一三条一項、七九条三号の法意
裁判要旨
 宅地建物取引業法一三条一項、七九条三号は、自己の名義をもつて他人に宅地建物取引業を営ませる行為につき、その相手方が右取引業を営む免許を受けていると否とにかかわりなく、一律にこれを禁止、処罰する趣旨である。
参照法条
 宅地建物取引業法13条1項,宅地建物取引業法79条3号
全文
全文