右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和60(し)106
事件名
 刑の執行猶予言渡取消請求事件についてした即時抗告棄却決定に対する特別抗告
裁判年月日
 昭和60年11月29日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 決定
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第39巻7号532頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和60年8月20日
判示事項
 刑法二六条三号による刑の執行猶予の取消請求権が失われないとされた事例
裁判要旨
 執行猶予の言渡しがあつた事件において、被告人が、捜査官に対しことさら知人である甲女の氏名を詐称し、かねて熟知していた同女の身上及び前科をも正確詳細に供述するなどして、あたかも甲女であるかのように巧みに装つたため、捜査官が全く不審を抱かず、指紋の同一性の確認をしなかつたことにより、当該判決の確定前に被告人自身の前科を覚知できなかつたという場合には、検察官は刑法二六条三号による執行猶予の取消請求権を失わない。
参照法条
 刑法26条3号
全文
全文