右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和41(あ)2472
事件名
 名誉毀損
裁判年月日
 昭和44年6月25日
法廷名
 最高裁判所大法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 刑集 第23巻7号975頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和41年10月7日
判示事項
 事実を真実と誤信したことにつき相当の理由がある場合と名誉毀損罪の成否
裁判要旨
 刑法二三〇条ノ二第一項にいう事実が真実であることの証明がない場合でも、行為者がその事実を真実であると誤信し、その誤信したことについて、確実な資料、根拠に照らし相当の理由があるときは、犯罪の故意がなく、名誉毀損の罪は成立しないものと解するのが相当である。
参照法条
 刑法230条ノ2第1項
全文
全文