右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和35(あ)735
事件名
 出入国管理令違反
裁判年月日
 昭和37年9月18日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第16巻9号1386頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和35年2月23日
判示事項
 一 刑訴法第二五五条第一項前段の法意
二 出入国管理令第六〇条第二項、第七一条の合憲性
裁判要旨
 一 刑訴法第二五五条第一項前段は、犯人が国外にいる場合は、そのことだけで、公訴の時効はその国外にいる期間中進行を停止することを規定したものである。
二 出入国管理令第六〇条第二項、第七一条は、憲法第二二条第二項に違反しない。
参照法条
 刑訴法255条1項,出入国管理令60条2項,出入国管理令条71条,憲法22条2項
全文
全文