右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和43(オ)585
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和46年11月9日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第25巻8号頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)2256
原審裁判年月日
 昭和43年3月27日
判示事項
 自動車の有料貸渡業者から自動車を借り受けた者の運行による事故につき貸渡業者に自動車損害賠償保障法三条による運行供用者責任が認められた事例
裁判要旨
 自動車の有料貸渡業者が、自動車貸渡契約を締結するに際し、自動車の利用申込者につき、運転免許その他一定の利用資格の有無を審査し、右契約上、使用時間は短期で、料金も相当高額にのぼるほか、借主が予定利用時間、走行区域、制限走行距離の遵守等の義務を負うなど判示の事実関係があるときは、貸渡業者は、借主の運行による事故につき、自動車損害賠償保障法三条による運行供用者としての責任を免れない。
参照法条
 自動車損害賠償保障法3条
全文
全文