右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成10(オ)364
事件名
 債務不存在確認請求事件
裁判年月日
 平成12年4月11日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第54巻4号1368頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 平成6(ネ)3790
原審裁判年月日
 平成9年9月10日
判示事項
 無効理由が存在することが明らかな特許権に基づく差止め等の請求と権利の濫用
裁判要旨
 特許に無効理由が存在することが明らかであるときは、その特許権に基づく差止め、損害賠償等の請求は、特段の事情がない限り、権利の濫用に当たり許されない。
参照法条
 特許法68条・特許法第4章第2節 権利侵害・特許法100条・特許法123条 民法1条3項
全文
全文