右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成1(オ)1649
事件名
 慰藉料
裁判年月日
 平成6年2月8日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第48巻2号149頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和62(ネ)3435
原審裁判年月日
 平成元年9月5日
判示事項
 ある者の前科等にかかわる事実が著作物で実名を使用して公表された場合における損害賠償請求の可否
裁判要旨
 ある者の前科等にかかわる事実が著作物で実名を使用して公表された場合に、その者のその後の生活状況、当該刑事事件それ自体の歴史的又は社会的な意義その者の事件における当事者としての重要性、その者の社会的活動及びその影響力について、その著作物の目的、性格等に照らした実名使用の意義及び必要性を併せて判断し、右の前科等にかかわる事実を公表されない法的利益がこれを公表する理由に優越するときは、右の者は、その公表によって被った精神的苦痛の賠償を求めることができる。
参照法条
 民法709条,民法710条
全文
全文