右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和33(オ)273
事件名
 建物収去土地明渡請求
裁判年月日
 昭和33年11月27日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第12巻15号3300頁
原審裁判所名
 高松高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和33年1月16日
判示事項
 一 一時使用のため借地権を設定したことが明らかな場合にあたるとされた事例。
二 一時使用のため借地権を設定したことが明らかな場合と建物等買取請求権。
裁判要旨
 一 仮建築の建物を建てて使用するため、期間を一年とし、当事者協議の上更新し得る約で土地を賃貸したところ、賃借人が、無断で本建築をしたので、賃貸人から家屋収去土地返還の調停を申立てた結果、賃貸期間を調停成立以後約八年とし期間満了のとき賃借人所有の地上建物は賃貸人に贈与する旨の調停が成立した場合、右賃貸借は、一時使用のため借地権を設定したことが明らかな場合にあたる。
二 一時使用のため借地権を設定したことが明らかな場合、借地権者は借地法第一〇条に定める建物等買取請求権を有しない。
参照法条
 借地法9条,借地法10条
全文
全文