右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和34(オ)1128
事件名
 持分移転登記抹消登記手続履行請求
裁判年月日
 昭和37年10月2日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第16巻10号2059頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和34年8月17日
判示事項
 民法第八二六条の利益相反行為と行為の動機。
裁判要旨
 親権者が自己の負担する貸金債務につき未成年の子の所有する不動産に抵当権を設定する行為は、借受金を右未成年の子の養育費に供する意図であつても、民法第八二六条にいう「利益が相反する行為」にあたる。
参照法条
 民法826条
全文
全文