右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和35(オ)1151
事件名
 貸金請求
裁判年月日
 昭和39年11月18日
法廷名
 最高裁判所大法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第18巻9号1868頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所  宮崎支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和35年7月18日
判示事項
 債務者が任意に支払つた利息制限法所定の制限をこえる利息・損害金は当然に残存元本に充当されるか。
裁判要旨
 債務者が利息制限法所定の制限をこえる金銭消費貸借上の利息、損害金を任意に支払つたときは、右制限をこえる部分は、民法第四九一条により、残存元本に充当されるものと解すべきである。
参照法条
 利息制限法1条,利息制限法2条,利息制限法4条,民法491条
全文
全文