右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和36(オ)924
事件名
 株金引渡等請求
裁判年月日
 昭和39年5月26日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第18巻4号635頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和36年6月13日
判示事項
 銀行が商法第一八九条第二項に基づいて負担する債務は商事債務か。
裁判要旨
 株式払込金保管証明をした銀行が商法第一八九条第二項に基づいて負担する、証明金額を支払うべき債務は、商行為によつて生じた債務と解すべきである。
参照法条
 商法189条,商法503条,商法522条
全文
全文