右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和43(オ)1357
事件名
 委嘱状不法発送謝罪請求
裁判年月日
 昭和45年12月18日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第24巻13号2151頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)755
原審裁判年月日
 昭和43年9月26日
判示事項
 民法七二三条にいう名誉の意義
裁判要旨
 民法七二三条にいう名誉とは、人がその品性、徳行、名声、信用等の人格的価値について社会から受ける客観的な評価、すなわち社会的名誉を指すものであつて、人が自己自身の人格的価値について有する主観的な評価、すなわち名誉感情は含まないものと解すべきである。
参照法条
 民法723条
全文
全文