右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和33(オ)546
事件名
 償還金本位換算金請求
裁判年月日
 昭和36年6月20日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 その他
判例集等巻・号・頁
 民集 第15巻6号1602頁
原審裁判所名
 高松高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和33年4月22日
判示事項
 貨幣価値の下落と割増金付割引勧業債券の券面額による支払
裁判要旨
 昭和九年一〇月発行の割増金割引勧業債券について、債券発行売出銀行は、別段の特約のない限り、償還時に貨幣価値が下落していても、償還当時の貨幣で券面額を弁済することにより免責される。
参照法条
 民法1条2項,民法402条
全文
全文