右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和36(オ)135
事件名
 抵当権設定登記抹消等請求
裁判年月日
 昭和37年11月16日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第16巻11号2280頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和35年11月10日
判示事項
 債務の履行不能後目的物の価格が値上りした場合に請求しうる損害賠償額。
裁判要旨
 債務の目的物の価格が履行不能後値上りをつづけて来た場合において、履行不能となつた際債務者がその事情を知りまたは知りえたときは、債務者が口頭弁論終結時の価格まで値上りする以前に目的物を他に処分したであろうと予想された場合でないかぎり、右終結時において処分するであろうと予想された場合でなくても、債権者は、右終結時の価格による損害の賠償を請求しうる。
参照法条
 民法416条2項
全文
全文