右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和37(オ)871
事件名
 審決取消請求
裁判年月日
 昭和39年8月4日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第18巻7号1319頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和37年4月26日
判示事項
 実用新案の考案の要旨の認定。
裁判要旨
 実用新案の説明書により当該実用新案の権利範囲を確定するにあたつては、説明書中の「登録請求ノ範囲」の項記載の文字のみに拘泥することなく、考案の性質、目的または説明書のその他の項の記載事項および添付図面の記載をも勘案して、実質的に考案の要旨を認定すべきである。
参照法条
 旧実用新案法(大正10年法律97号)22条1項2号,旧実用新案法施行規則(大正10年農商務省令34号)1条,旧実用新案法施行規則(大正10年農商務省令34号)2条
全文
全文