右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和41(オ)527
事件名
 家屋明渡請求
裁判年月日
 昭和41年10月27日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第20巻8号1649頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所
原審事件番号
 昭和37(ネ)213
原審裁判年月日
 昭和41年2月15日
判示事項
 建物の貸借関係が使用貸借であると認められた事例
裁判要旨
 建物の借主が該建物を含む貸主所有の不動産に賦課された固定資産税等の公租公課の支払を負担する等原判示事実(原判決理由参照)があるとしても、右負担が建物の使用収益に対する対価の意味をもつものと認めるに足りる特段の事情のないかぎり、当該貸借関係は使用貸借であると認めるのが相当である。
参照法条
 民法593条,民法601条
全文
全文