右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)689
事件名
 慰藉料等請求
裁判年月日
 昭和43年10月8日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第22巻10号2125頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所  岡山支部
原審事件番号
 昭和41(ネ)125
原審裁判年月日
 昭和42年3月17日
判示事項
 自動車がエンジンの故障のためロープで牽引されて走行している場合と自動車損害賠償保障法第二条第二項にいう「運行」
裁判要旨
 自動車がエンジンの故障のため自力で走行できない場合でも、当該自動車が、ハンドルやブレーキの操作により操縦の自由を有し、これらの装置を操作しながらロープで牽引されて走行しているときは、右自動車の走行は、自動車損害賠償保障法第二条第二項にいう「運行」にあたる。
参照法条
 自動車損害賠償保障法2条2項,自動車損害賠償保障法3条
全文
全文