右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和55(オ)255
事件名
 損害賠償
裁判年月日
 昭和57年4月23日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第36巻4号727頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和53(ネ)1523
原審裁判年月日
 昭和54年11月30日
判示事項
 道路法四七条四項の規定に基づく車両制限令一二条所定の道路管理者の認定をある期間留保したことが国家賠償法一条一項にいう違法性を欠くとされた事例
裁判要旨
 道路法四七条四項の規定に基づく車両制限令一二条所定の道路管理者の認定が約五か月間留保されても、判示の事実関係のもとにおいては、道路行政上比較衡量的判断を含む合理的な行政裁量の行使として許容される範囲内にとどまり、国家賠償法一条一項にいう違法性を欠くものと解すべきである。
参照法条
 道路法47条4項,車両制限令12条,国家賠償法1条1項
全文
全文