右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和34(オ)730
事件名
 建物買取代金請求
裁判年月日
 昭和35年12月20日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第14巻14号3130頁
原審裁判所名
 札幌高等裁判所  函館支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和34年4月7日
判示事項
 借地法第一〇条の建物の時価
裁判要旨
 借地法第一〇条の買取請求の目的となつた建物の時価は、建物を取りこわした場合の動産としての価格でなく、建物が現存するままの状態における価格であつて、敷地の借地権の価格は加算すべきでないが、その建物の存在する場所的環境は参酌して算定すべきものである。
参照法条
 借地法10条
全文
全文