右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和41(オ)837
事件名
 所有権移転登記手続請求
裁判年月日
 昭和43年12月24日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第22巻13号3366頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和40(ネ)649
原審裁判年月日
 昭和41年5月11日
判示事項
 抵当不動産の占有と民法第一六二条第二項にいう善意・無過失
裁判要旨
 民法第一六二条第二項にいう占有者の善意・無過失とは、自己に所有権があるものと信じ、かつ、そのように信ずるにつき過失のないことをいい、占有者において、占有の目的不動産に抵当権が設定されていることを知り、または、不注意により知らなかつた場合でも、ここにいう善意・無過失の占有者ということを妨げない。
参照法条
 民法162条2項,民法397条
全文
全文