右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)1445
事件名
 貸金請求
裁判年月日
 昭和43年6月27日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第22巻6号1427頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(ネ)644
原審裁判年月日
 昭和42年9月27日
判示事項
 賃貸借終了後いわゆる権利金の返還を請求できないとされた事例
裁判要旨
 期間の定のない店舗の賃貸借において、右店舗の場所的利益の対価としての性質を有する権利金名義の金員が賃借人から賃貸人に交付されていた場合には、賃貸借がその成立後二年九箇月で合意解除されたとしても、賃借人は、当然には、賃貸人に対して右金員の返還を請求することができるものではない。
参照法条
 民法601条
全文
全文