右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和26(オ)510
事件名
 土地建物返還並不動産所有権移転登記請求
裁判年月日
 昭和28年12月3日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第7巻12号1299頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和26年6月30日
判示事項
 一 定款に記載のない財産引受に対する株主総会の承認決議の効力
二 財産引受の無効は譲渡人も主張することができるか
裁判要旨
 一 定款に記載のない財産引受は、たとえ会社成立後株主総会が特別決議をもつてこれを承認しても、有効にはならない。
二 財産引受が無効である場合には、会社側だけでなく、譲渡人もその無効を主張することができる。
参照法条
 商法168条1項6号,商法246条
全文
全文