右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和40(オ)944
事件名
 所有権移転登記抹消登記手続請求
裁判年月日
 昭和41年4月15日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第20巻4号676頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和38(ネ)394
原審裁判年月日
 昭和40年5月26日
判示事項
 民法第一六二条第二項にいう平穏の占有の意義
裁判要旨
 民法第一六二条第二項にいう平穏の占有とは、占有者がその占有を取得し、または、保持するについて、暴行強迫などの違法強暴の行為を用いていない占有を指称するものであり、不動産所有者その他占有の不法を主張する者から、異議をうけ、不動産の返還、占有者名義の所有権移転登記の抹消手続方の請求があつても、これがため、その占有が平穏でなくなるものでない。
参照法条
 民法162条2項
全文
全文