右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和56(し)113
事件名
 刑の執行猶予言渡取消決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告
裁判年月日
 昭和56年11月25日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 決定
結果
 その他
判例集等巻・号・頁
 刑集 第35巻8号884頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和56年8月31日
判示事項
 一 刑の執行猶予言渡取消決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件における裁判の執行停止とその対象とすべき裁判
二 刑法二六条三号による刑の執行猶予の取消ができないとされた事例
裁判要旨
 一 刑の執行猶予言渡取消決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件において、裁判の執行を停止する場合には、原原決定を対象とすべきである。
二 高裁で言い渡された執行猶予の判決に対する上告申立期間の満了までに五日を残して、被告人の控訴取下により別件につき地裁で言い渡された懲役刑(実刑)の判決の確定したことが地方検察庁に通知されており、高等検察庁検察官において、地方検察庁検察官と相互に連絡を取り合うなどの方法をとつていれば、右懲役刑に処せられた事実を執行猶予の判決に対する上告申立期間満了前に覚知することができたのに、これに気付かないまま執行猶予の判決を確定させた場合には(判文参照)、刑法二六条三号により右執行猶予を取り消すことはできない。
参照法条
 刑法26条,刑訴法424条,刑訴法434条,刑訴法349条,憲法39条
全文
全文