右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和43(オ)1294
事件名
 不動産登記抹消、損害賠償請求
裁判年月日
 昭和47年3月2日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 集民 第105号225頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和40(ネ)2660
原審裁判年月日
 昭和43年8月30日
判示事項
 契約書に記載されない特約の存否に関する認定と経験則
裁判要旨
 国と私人との間に、私人を売主として成立した土地売買契約において、目的土地の利用方法に関する特約は、当事者にとつて極めて重要な特約であるから、右契約につき予算決算及び会計令(昭和二七年政令七六号による改正前)六八条に基づき契約書が作成された以上、かかる特約の趣旨は契約者に記載されるのが通常の事態であり、これに記載されていないときは、特段の事情のないかぎり、かかる特約は存在しないものと認めるべきである。
参照法条
 民法91条,予算決算及び会計令(昭和47年政令76号による改正前)68条,民訴法186条
全文
全文