右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和47(オ)1191
事件名
 家屋収去土地明渡請求
裁判年月日
 昭和48年4月13日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第109号93頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和45(ネ)1845
原審裁判年月日
 昭和47年7月27日
判示事項
 土地使用借権の取得時効の要件
裁判要旨
 土地に対する使用貸借上の借主の権利の時効取得が成立するためには、土地の継続的な使用収益という外形的事実が存在し、かつ、その使用収益が土地の借主としての権利の行使の意思に基づくものであることが客観的に表現されていることを必要とする。
参照法条
 民法163条,民法593条
全文
全文