右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和56(オ)1173
事件名
 退職金支給規定の効力確認
裁判年月日
 昭和58年7月15日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第139号293頁
原審裁判所名
 高松高等裁判所  秋田支部
原審事件番号
 昭和55(ネ)173
原審裁判年月日
 昭和56年9月17日
判示事項
 就業規則の一方的不利益変更が合理的なものといえず従業員に対し効力を生じないとされた事例
裁判要旨
 就業規則たる退職金支給規定の一方的変更が、従業員に対し変更実施日以降の就労期間は退職金算定の基礎勤続年数に算入されなくなるという不利益を課するものであるにもかかわらず、その代償となる労働条件が何ら提供されず、また、右不利益を是認させるような特別の事情もないときは、右変更は合理的なものということができず、従業員に対し効力を生じない。
参照法条
 労働基準法89条,労働基準法93条
全文
全文