右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和57(オ)1129
事件名
 旅客運賃不当利得返還
裁判年月日
 昭和61年3月28日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第147号467頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和53(ネ)2978
原審裁判年月日
 昭和57年7月14日
判示事項
 東海道本線新幹線の運賃の受領につき不当利得が成立しないとされた事例
裁判要旨
 日本国有鉄道が、東海道本線新幹線の乗客から、同新幹線の実測キロによらず東海道本線の営業キロを用いる計算方法によつて普通旅客運賃の支払を受けても、不当に利得したことにはならない。
参照法条
 国有鉄道運賃法7条の2,同法(昭和51年法律第75号による改正前のもの)3条,8条,9条,財政法3条,財政法第3条の特例に関する法律,民法703条
全文
全文