右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和59(オ)1293
事件名
 土地所有権確認等請求事件
裁判年月日
 昭和63年3月31日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 その他
判例集等巻・号・頁
 集民 第153号627頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和57(ネ)2364
原審裁判年月日
 昭和59年8月16日
判示事項
 将来の給付の訴えを提起することのできる請求としての適格を有しないものとされた事例
裁判要旨
 共有者の一人が共有物を他に賃貸して得る収益につきその持分割合を超える部分の不当利得返還を求める他の共有者の請求のうち事実審の口頭弁論終結時後に係る請求部分は、将来の給付の訴えを提起することのできる請求としての適格を有しない。
参照法条
 民訴法226条
全文
全文