右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和60(オ)4
事件名
 家屋明渡等請求事件
裁判年月日
 昭和63年12月20日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第155号405頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和58(ネ)1579
原審裁判年月日
 昭和59年9月25日
判示事項
 一 政党が党員にした処分に対する裁判所の審判権の有無
二 政党が党員にした処分の当否についての審理の基準
裁判要旨
 一 政党が党員に対してした処分は、一般市民法秩序と直接の関係を有しない内部的な問題にとどまる限り、裁判所の審判権が及ばない。
二 政党が党員に対してした処身の当否は、政党の自律的に定めた規範が公序良俗に反するなどの特段の事情のない限り右規範に照らし、右規範を有しないときは条理に基づき、適正な手続に則つてされたか否かによつて決すべきである。
参照法条
 裁判所法3条1項,民法第1編第4章第1節(総則)
全文
全文