右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和59(オ)286
事件名
 請負代金
裁判年月日
 昭和61年11月20日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 集民 第149号141頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和57(ネ)1586
原審裁判年月日
 昭和58年11月16日
判示事項
 代理受領を承認した第三債務者がその債務を債務者に支払つた場合における債権者の第三債務者に対する不法行為に基づく損害賠償請求権と保証人に対する履行請求権との関係
裁判要旨
 貸金の債務者が債権者に対し、担保の目的で、自己の第三債務者に対する請負代金債権の代理受領を委任した場合において、第三債務者が右委任契約の内容を了承し、右請負代金を債権者に直接支払うことを約しながらこれを債務者に支払つたときは、債権者は、第三債務者に対し、右代理受領により右貸金債権の満足が得られるという財産上の利益が侵害されたこと自体を損害として、不法行為に基づく損害賠償請求権を行使することができ、債権者が債務者の連帯保証人に対して履行請求権を有することは、右損害発生の障害となるものではないというべきである。
参照法条
 民法709条
全文
全文