右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和30(オ)969
事件名
 境界確認損害請求
裁判年月日
 昭和33年10月21日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 集民 第34号285頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和30年9月5日
判示事項
 境界確定の判断が違法とされた事例
裁判要旨
 境界確定事件において、裁判所が、証拠により係争両地所在地の土地整理委員らが村役場備付の図面に基き実地を測量して右両地の境界線を定め当事者双方もこれにつき何ら異議のなかつた事実を認定し、これにより右境界線どおり境界を確定すべきものと判断した場合、右証拠自体から、前記土地整理委員らの境界線測定には、前記図面に基き測量すれば実地には繩のびがあるに拘らずこれを無視した不合理の存することが明らかなときは、裁判所の右境界確定の判断は違法である。
参照法条
全文
全文