右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和33(オ)454
事件名
 不当利得返還請求
裁判年月日
 昭和37年2月27日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 集民 第58号977頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和33年3月31日
判示事項
 一 民法第一八九条第二項の「本権の訴」の意義
二 建物の占有者の居住による利得と民法第一八九条
裁判要旨
 一 民法第一八九条第二項の「本権の訴」とは、占有者から所有名義人に対して提起した所有権取得登記抹消登記請求の訴ないし所有権確認の訴をも含むと解すべきである。
二 建物の占有者の住居による利得は民法第一八九条第一項にいう果実に当る。
参照法条
 民法88条,民法189条,民法189条2項
全文
全文