右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和45(オ)1006
事件名
 人身保護請求
裁判年月日
 昭和46年2月9日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第102号157頁
原審裁判所名
 高知地方裁判所
原審事件番号
 昭和45(人)1
原審裁判年月日
 昭和45年9月25日
判示事項
 九才の児童と人身保護規則五条の前提となる意思能力の有無
裁判要旨
 九才の児童には、自己の境遇を認識し、かつ将来を予測して適切な判断をするにつき、いまだ十分な能力があるものとはいえないから、別居中の夫婦の一方からの人身保護法に基づく救済請求が、被拘束者たる右児童の当面の希望にそわないことになるとしても、人身保護規則五条違反の問題は生じない。
参照法条
 人身保護法2条,人身保護規則5条
全文
全文