右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)550
事件名
 建物所有権移転登記抹消登記等請求
裁判年月日
 昭和44年5月30日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第95号443頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和38(ネ)1875
原審裁判年月日
 昭和42年2月28日
判示事項
 建物の一部分の改築により区分所有権が成立したとされた事例
裁判要旨
 従来母屋に接続した簡単なバラック建附属建物にすぎなかつた部分を倍以上に拡げて店舗に改造し、母屋との間に板壁による間じきりをし、母屋とは全く独立して使用できるようにしたなど原判示の事情(原判決理由参照)がある場合においては、柱および板壁を共通にし、建物が屋根続きで外見上は一体の建物の観を呈していても、右改造部分につき区分所有権が成立する。
参照法条
 建物の区分所有等に関する法律1条
全文
全文