右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和48(オ)293
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和50年11月28日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第116号557頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和45(ネ)1717
原審裁判年月日
 昭和47年12月21日
判示事項
 司法書士が登記義務者の代理人と称する者の依頼により登記申請をする場合の注意義務
裁判要旨
 司法書士は、登記義務者の代理人と称する者の依頼により登記申請をするにあたり、依頼者の代理権の存在を疑うに足りる事情がある場合には、登記義務者本人について代理権授与の有無を確かめ、不正な登記がされることがないように注意を払う義務がある。
参照法条
 民法709条
全文
全文