右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和56(オ)1246
事件名
 損害賠償
裁判年月日
 昭和57年4月23日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第135号773頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和56(ネ)306
原審裁判年月日
 昭和56年9月30日
判示事項
 道路交通法違反の犯人の使用者を被疑者として誤認逮捕し身柄を拘束した警察官に過失がないとされた事例
裁判要旨
 使用者が被用者の道路交通法違反の事実を知りながら殊更これを隠そうとする不信な言動をとり、また、目撃者が顔写真に基づき犯人は右使用者である旨を断言したなど、原判示の事実関係のもとにおいては、右使用者を被疑者として誤認逮捕し、被用者が犯人であることが判明するまでの間その身柄を拘束した警察官に過失はない。
参照法条
 国家賠償法1条
全文
全文