右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和40(オ)449
事件名
 工作物撤去等請求
裁判年月日
 昭和43年11月26日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第93号479頁
原審裁判所名
 仙台高等裁判所
原審事件番号
 昭和34(ネ)500
原審裁判年月日
 昭和39年12月7日
判示事項
 土地所有権に基づく同土地上の工作物の撤去を求めることが権利濫用と認められた事例
裁判要旨
 土地所有者が同土地上の配水管等の撤去を求めることによつて受ける利益は比較的僅少であるのに、右配水管等の設備が市民約七万人の利用のため巨額の資金、多数の日子を費して敷設掘鑿されたものであり、これを撤去して原状に回復して新たに替地を求めて同一設備を完成するためには多額の費用と日子を要する等判示事実関係のあるときには、右工作物の撤去を求めることは権利の濫用である。
参照法条
 民法1条
全文
全文