右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和60(オ)615
事件名
 建物収去土地明渡
裁判年月日
 昭和62年6月5日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 集民 第151号135頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和58(ネ)2896
原審裁判年月日
 昭和60年1月29日
判示事項
 土地賃借権の時効取得が認められるとされた事例
裁判要旨
 甲所有の土地を買い受けてその所有権を取得したと称する乙から右土地を賃借した丙が、右賃貸借契約に基づいて平穏公然に目的土地の占有を継続し、乙に対し賃料を支払つているなど判示の事情のもとにおいては、丙は、民法一六三条の時効期間の経過により、甲に対して右土地の賃借権を時効取得することができる。
参照法条
 民法163条,民法601条
全文
全文