右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和58(う)1148
事件名
 名誉毀損被告事件
裁判年月日
 昭和59年7月18日
裁判所名・部
 東京高等裁判所  第三刑事部
結果
高裁判例集登載巻・号・頁
 第37巻2号360頁
原審裁判所名
原審事件番号
判示事項
 一 名誉毀損罪における摘示事実の真実性を証明する方法及び程度
二 名誉毀損罪における摘示事実を真実と誤信したことの相当性を証明する方法及び程度
裁判要旨
 一 名誉毀損罪における摘示事実の真実性を証明する方法及びその程度は、いわゆる「自由な証明」及び「証拠の優越」では足りない。
二 名誉毀損罪における摘示事実を真実と誤信したことの相当性を証明する方法及びその程度は、いわゆる「自由な証明」及び「証拠の優越」では足りない。
全文
全文