右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和45(う)2639
事件名
 強姦致傷等被告事件
裁判年月日
 昭和46年2月2日
裁判所名・部
 東京高等裁判所  第三刑事部
結果
高裁判例集登載巻・号・頁
 第24巻1号75頁
原審裁判所名
原審事件番号
判示事項
 一、 いわゆるキスマークか強姦致傷罪にいう傷害にあたるとされた事例
二、 強姦の被害者にキスマークをつける行為が強姦致傷罪にいう致傷行為にあたるとされた事例
裁判要旨
 一、 女性の乳房につけられた本件のいわゆるキスマーク(判文参照)は、強姦致傷罪にいう傷害にあたる。
二、 強姦犯人が姦淫の直前に自己の性欲を昂進させるため右のキスマークをつける行為は、強姦致傷罪にいう致傷行為にあたる。
全文
全文