右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成17(ワ)3223
事件名
 損害賠償請求事件
裁判年月日
 平成21年6月24日
裁判所名・部
 名古屋地方裁判所  民事第4部
結果
原審裁判所名
原審事件番号
原審結果
判示事項の要旨
 被告病院で出生したAに脳性麻痺による後遺障害が残ったことにつき,徐脈の発生時期が争われた事案において,准看護師の認識する前から徐脈が生じており,准看護師には分娩監視を怠った過失が認められ,同過失と上記後遺障害との間の因果関係も認められるが,分娩監視が適切になされていたとしても,一定の後遺障害の残った可能性が高いとして,その点を損害額の算定にあたって考慮し,原告らの損害賠償請求の一部を認容した事例
全文
全文