右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成19(行ク)305
事件名
 執行停止申立事件(本案事件・当庁平成19年(行ウ)第711号運転免許取消処分取消請求事件)
裁判年月日
 平成19年12月28日
裁判所名
 東京地方裁判所
分野
 行政
判示事項
 タクシー運転手に対してされた運転免許取消処分の効力停止申立てが,認容された事例
裁判要旨
 タクシー運転手に対してされた運転免許取消処分の効力停止申立てにつき,前記処分を受けた者は,処分当時タクシー運転手としての収入があって初めて生活を営むことができる状況であったところ,前記処分により運転免許が取り消されタクシー運転手として勤務することができなくなったのみならず,69歳と高齢であることもあって職が見つからない状況にあるから,前記の者には前記処分によって生ずる「重大な損害を避けるため緊急の必要がある」と解すべき事情があるなどとして,前記申立てを認容した事例
全文
全文