右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成21(行ウ)46
事件名
 墓地経営許可処分取消等請求事件
裁判年月日
 平成22年4月16日
裁判所名
 東京地方裁判所
分野
 行政
判示事項
 墓地,埋葬等に関する法律10条1項及び墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例4条1項に基づく墓地経営許可処分の取消しを求める訴えについて,墓地等の建設予定地に隣接する地域に居住し,又は住宅を有する住民の原告適格が肯定された事例
裁判要旨
 墓地,埋葬等に関する法律10条1項及び墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例4条1項に基づく墓地経営許可処分の取消しを求める訴えにつき,前記法及び条例の規定は,墓地の経営に伴う衛生環境の悪化等によって,墓地の周辺地域に居住する住民に健康又は生活環境の被害が発生することを防止し,もって良好な衛生環境を確保し,良好な生活環境を保全することをも,その趣旨及び目的とするものと解されるところ,前記のような衛生環境の悪化による被害の程度は,住宅の場所が墓地に接近するにつれて増大すること,そのような被害を反復,継続して受けると周辺住民の健康や生活環境に係る著しい被害にも至りかねないこと等に照らすと,このような被害を受けないという利益は,一般的公益の中に吸収解消させることが困難であるなどとして,周辺住民等のうち,違法な墓地経営に起因する墓地周辺の衛生環境の悪化により健康又は生活環境の著しい被害を直接的に受けるおそれのある者は,原告適格を有するとした上,墓地からおおむね100メートルの範囲内の地域に居住し,又は住宅を有する周辺住民等に原告適格を認めた事例
全文
全文