右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成21(行コ)28
事件名
 違法公金支出による損害賠償履行請求控訴事件
裁判年月日
 平成22年10月27日
裁判所名
 仙台高等裁判所
分野
 行政
判示事項
 市水道局が,全国紙全県版のいわゆる就任祝賀広告に「市水道局」との協賛広告を載せてその広告料を支出したことが,行政の政治的中立義務等に違反する違法なものであるとして,地方自治法242条の2第1項4号に基づき,当時の市水道事業管理者個人に損害賠償の請求をすることを市水道事業管理者に対して求める請求が,棄却された事例
裁判要旨
 市水道局が,全国紙全県版のいわゆる就任祝賀広告に「市水道局」との協賛広告を載せてその広告料を支出したことが,行政の政治的中立義務等に違反する違法なものであるとして,地方自治法242条の2第1項4号に基づき,当時の市水道事業管理者個人に損害賠償の請求をすることを市水道事業管理者に対して求める請求につき,前記水道事業管理者個人が前記支出に先立って前記広告の掲載を認識していたとは認められないことからすれば,同人が専決権者として前記支出をした市水道局経営管理課長の財務会計上の違法行為を阻止すべき指揮監督上の義務に違反し,故意又は過失によりこれを阻止しなかったものと認めることはできないとして,前記請求を棄却した事例
全文
全文