右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成21(行ウ)155
事件名
 所得税更正請求に対する通知処分取消請求事件
裁判年月日
 平成23年10月14日
裁判所名
 大阪地方裁判所
分野
 行政
判示事項
 特許法(平成16年法律第79号による改正前)35条3項にいう職務発明に係る相当の対価を求める訴えにおいて受領した和解金について,当初申告の雑所得ではなく,譲渡所得に該当するとしてされた更正の請求に対し,当該和解金は所得税法上の譲渡所得には当たらず,雑所得に該当するとしてされた,更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が,棄却された事例
裁判要旨
 特許法(平成16年法律第79号による改正前)35条3項にいう職務発明に係る相当の対価を求める訴えにおいて受領した和解金について,当初申告の雑所得ではなく,譲渡所得に該当するとしてされた更正の請求に対し,当該和解金は所得税法上の譲渡所得には当たらず,雑所得に該当するとしてされた,更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求につき,譲渡所得とは,譲渡に基因して譲渡の機会に生じた所得と解するのが相当であるところ,前記職務発明に係る特許法35条3項の「相当の対価」については,出願報奨金として支払われた一部金額を除き,当該特許を受ける権利が承継された際に所得が確定していたということはできないから,前記和解金は譲渡所得には該当せず,雑所得に当たるとして,前記請求を棄却した事例
全文
全文