右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成24(行コ)31等
事件名
 土壌汚染対策法による土壌汚染状況調査報告義務付け処分取消請求控訴事件(平成24年(行コ)第31号事件原審・旭川地方裁判所平成24年(行ウ)第1号)
裁判年月日
 平成25年5月23日
裁判所名
 札幌高等裁判所
分野
 行政
判示事項
 1 土壌汚染対策法第3条2項に基づく通知の取消しを求める訴えが,前記通知が取り消されている以上,訴えの利益は存しないとして,却下された事例
2 土壌汚染対策法第3条2項に基づく通知の取消しを求める訴えの控訴審において追加された,前記通知に基づく同法3条1項の規定による土壌汚染状況の調査及び報告を義務付ける処分を取り消すとの請求が,行政事件訴訟法7条,民事訴訟法16条1項により,管轄裁判所である地方裁判所に移送された事例
裁判要旨
 1 土壌汚染対策法第3条2項に基づく通知の取消しを求める訴えにつき,当該処分が行政手続法13条の弁明の機会の付与を欠いた瑕疵があることを理由に取り消されていることにより,その効力は失われたものであるから,前記処分の取消しを求める訴えの利益が失われたことは明らかであるとして,前記訴えを却下した事例
2 土壌汚染対策法第3条2項に基づく通知の取消しを求める訴えの控訴審において追加された,前記通知に基づく同法3条1項の規定による土壌汚染状況の調査及び報告を義務付ける処分を取り消すとの請求につき,民事訴訟法143条1項の訴えの追加的変更並びに行政事件訴訟法19条1項及び同法16条2項の請求の追加的併合の各要件を欠く不適法なものであるが,取消訴訟の新訴提起としての要件を備えており,これを独立の訴え提起とみることができるとして,行政事件訴訟法7条,民事訴訟法16条1項により,管轄裁判所である地方裁判所に移送した事例
全文
全文